八戸海保で初のインターンシップ 水産高生徒が体験

人形を使って傷病者の安全な搬送法を学ぶ生徒
人形を使って傷病者の安全な搬送法を学ぶ生徒
八戸海上保安部(松川勝典部長)で5、6日、県立八戸水産高の生徒6人を対象にインターンシップが行われた。生徒たちは職業体験を通じ、海の安全を守る職員らの任務に理解を深めた。 同保安部によるインターンシップは初の試みとなる。5日は工藤剛万(まさ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら