青森県警が警察施設にサーモグラフィー設置

設置されたサーモグラフィーを使い、体表温度測定を実演する伴勝俊警務調査官
設置されたサーモグラフィーを使い、体表温度測定を実演する伴勝俊警務調査官
青森県警(村井紀之本部長)3日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、体表温度を測定するサーモグラフィーを、県警本部入り口に設置し、運用を始めた。今後、県内18署と県運転免許センター(青森市)、八戸、弘前の各自動車運転免許試験場にも設置され.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら