天鐘(6月24日)

作詞家になる前、まだ独身だった阿久悠さんは24歳のとき、栄養不足から肝臓をやられて一人病床にあった。心細い日々を過ごしていたある日、ラジオから不思議な歌声が流れてくる▼〈ウエヲムフヒテ、アルコホホホ〉。とたんに熱いものがこみ上げた。「涙がこ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録