時評(6月24日)

政府が山口、秋田両県で進めてきた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の停止を決めた。河野太郎防衛相は、迎撃ミサイルを発射した後ブースター(推進補助装置)部分が周辺民家などに落ちる可能性を完全には排除できないために計画を停止.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録