「負けない。」映画は“希望そのもの” フォーラム八戸支配人の晴山さん

多くの人が再び映画を楽しめる状況になることを信じて営業を続ける晴山努さん=6月中旬、八戸市
多くの人が再び映画を楽しめる状況になることを信じて営業を続ける晴山努さん=6月中旬、八戸市
新型コロナウイルスの影響で客足が遠のく映画館。八戸市内唯一の施設「フォーラム八戸」で支配人を務める晴山努さん(42)は、自身を育んでくれた映画の力を信じて苦境に立ち向かう。時に励まされ、癒やされ、人生に迷った時は道しるべにもなった。「映画は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら