時評(6月22日)

新型コロナウイルスの感染状況は落ち着きつつあるが、第2波、第3波への懸念がつきまとう。ワクチンや治療薬が開発されるまで、警戒が長く続くことは避けられないだろう。 多くの死者を出す感染症は歴史上、たびたび北奥羽地方でも猛威を振るってきた。本紙.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら