【新型コロナ】林業に打撃、行き場失う原木/関係者「どこにも出荷できない」

木材加工工場に出荷できず、行き場を失う原木。梅雨による材質劣化が懸念される=5月25日、十和田市
木材加工工場に出荷できず、行き場を失う原木。梅雨による材質劣化が懸念される=5月25日、十和田市
新型コロナウイルスの影響で、青森県内の原木が木材加工工場へ届けられずに行き場を失っている。首都圏の住宅工事の遅れや、梱包(こんぽう)用の需要が急激に減少しているためだ。県によると、今春以降に出荷予定だった6万立方メートル分の流通先が決まらず.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら