【世界のJOMONへ】第3部 知られざる縄文の魅力(4)文様

佐京三義さんが“復元”した色鮮やかな遮光器土偶=5月、階上町
佐京三義さんが“復元”した色鮮やかな遮光器土偶=5月、階上町
縄文の文様入りのコーヒーカップや食器、アクセサリー、土偶、土器…。階上町道仏の佐京窯には、縄文をモチーフにした作品がずらりと並ぶ。手掛けるのは佐京三義さん(61)と和子さん(66)夫妻。三義さんは「豊かな感性で文様を描いた縄文人に憧れている.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら