【新型コロナ】岩手県北地方/早い段階で緊張感、独自に休校延長、飲食店「人の動き怖い」

岩手県立一戸病院 
岩手県立一戸病院 
全国で唯一、新型コロナウイルスの感染者が「ゼロ」のまま大型連休に入った岩手県。だが、県北地方は生活圏の八戸市で感染者が出たことで、早い段階から緊張感が高まっている。県内の多くの学校が休校期間を4月29日から5月6日に設定する中、感染を懸念し.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら