天鐘(5月2日)

かつて「結核の文学」と呼ばれる“ジャンル”があった。多感な若者が青白く痩せ細り、美しいまま天に召される。若い男女の愛と別離。涙なしには語れない作品群だった▼それもそのはず書き手が結核に侵され、病魔と苦闘しながら仕上げた。戦前、わが国の死因は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら