訓練再開方針に住民ら不安と怒り/米軍機模擬弾落下

米軍三沢基地所属のF16戦闘機が六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた問題で、米軍が13日、模擬弾を使った訓練を再開する方針を示したことに対し、地域住民からは「このまま問題をうやむやにする気なのでは」との不安や、「再開に至る順番を間違っている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録