VRで“視野”広げて 障害者支援プログラム、八戸の施設が県内初導入

障害者向けのVR教材を導入した榎本陽さん(右)=13日、八戸市十三日町の「クロスロード」
障害者向けのVR教材を導入した榎本陽さん(右)=13日、八戸市十三日町の「クロスロード」
知的障害や発達障害の子どもたちを支援する八戸市の就労準備型放課後等デイサービス「クロスロード」が、当時者向けに開発された仮想現実(VR)の教育プログラムを導入している。青森県内では初の試みで、当時者が苦労しやすい対人関係や集団行動での適切な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録