【新型コロナ】自民青森県連、幹部留任を検討「危機的状況、いじるべきでない」

自民党青森県連の江渡聡徳会長は31日、4月下旬に開く予定の総務会に諮る役員人事について、自身は続投の上、主要幹部を留任させる方向で検討していると明らかにした。所属する県議の意見集約を待ち、国会議員で正式決定に向けた協議を改めて行う。国会内で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら