時評(3月30日)

三沢市議会は改選後初の臨時会を終え、正副議長や各委員会の顔ぶれが決まった。定数18のうち、11人が所属する最大会派・市民クラブが主要なポストを占め、存在感を示した。 市民クは昨年6月の市長選で初当選した小桧山吉紀氏を支援した、いわば“勝ち組.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら