【連載・世界のJOMONへ】第2部 縄文の価値(5・完)出土品の行き先

是川遺跡から出土した木胎漆器(左上)と亀ケ岡遺跡の遮光器土偶(写真はコラージュ)
是川遺跡から出土した木胎漆器(左上)と亀ケ岡遺跡の遮光器土偶(写真はコラージュ)
大きな眼鏡をかけたような遮光器土偶で有名なつがる市の「亀ケ岡石器時代遺跡」と、漆器が出土するなど自然との共生が特徴的な八戸市の「是川石器時代遺跡」。共に美しく装飾された土器などが大量に出土し、多くの研究者や収集家の興味を引いたが、出土品の“.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録