Free【新型コロナ】青森県南クリエーター有志、手洗い動画を公開

青森県南地域のクリエイター有志が制作した手洗い動画(動画投稿サイト「ユーチューブ」より)
青森県南地域のクリエイター有志が制作した手洗い動画(動画投稿サイト「ユーチューブ」より)

新型コロナウイルスの感染予防につなげようと、青森県南地域で活動するクリエイター有志が手洗い動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。かわいらしいタッチの女性とネコのキャラクターが効果的な手洗いを紹介する約50秒の動画で、メンバーは「暗いニュースが多い中、少しでも楽しんでほしい」とPRしている。
 制作の中心は、デザインやアートディレクション活動を行う南部町の上山保治さんと、八戸市の映像制作会社「Blue Eight Production」の奥山巧太さん。新型ウイルス問題が深刻化した2月下旬、「何か自分たちにできることはないか」と動き始めた。
 同じ頃、同市のイラストレーターもりはなこさんが、画像共有アプリのインスタグラムで手洗いイラストを公開しており、動画化を企画。同市のたかまつるりさんがナレーションを担当し、完成した動画を今月1日から公開している。
 動画のタイトルは「てあらいできるかな~ねこといっしょに~」。動画では、キャラクターが「手首クルクル」「親指も忘れずに」などと、手洗いのポイントを優しく紹介。上山さんは「子どもにも親しみやすい動画になったので、多くの人に見てもらえれば」、奥山さんも「お金はかからないので、どんどん活用してほしい」と話していた。