青森県レッドデータブック改定 135種追加、合計1032種に

絶滅野生生物に指定されたヤマキチョウ=1959年、五戸町(撮影=室谷洋司氏、青森県提供)
絶滅野生生物に指定されたヤマキチョウ=1959年、五戸町(撮影=室谷洋司氏、青森県提供)
青森県は23日、県内の希少野生生物をまとめた「県レッドデータブック」の改訂版を発行した。改定は10年ぶり。希少生物に135種が加えられた一方、まとまった生息情報が確認されるなどした19種が除外された結果、リスト掲載は1032種となった。絶滅.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら