介助方法や社会福祉の大切さ理解 十和田で養成研修

車いすを体験する参加者
車いすを体験する参加者
十和田市社会福祉協議会(江渡恵美会長)は17日、市民交流プラザ「トワーレ」で、福祉教育インストラクター養成研修を開いた。市民10人が参加し、車いす体験などを通して、介助の方法や社会福祉の大切さについて理解を深めた。 研修は、社会福祉やボラン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録