八戸の看護師・小田かほるさんが著書「母への手紙」自費出版

「自分の母の存在の大切さを感じてほしい」と著書をPRする小田かほるさん
「自分の母の存在の大切さを感じてほしい」と著書をPRする小田かほるさん
八戸市在住の看護師小田かほるさん(59)が、2016年に他界した母親への思いをつづった著書「母への手紙」を自費出版した。認知症を患った母親を介護する中で、忘れられない出来事などを短文25編にまとめた。小田さんは「介護で苦労している人の励みに.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら