自然災害関連の議論終了 中間貯蔵で規制委、17日で審査終了も

原子力規制委員会は14日、使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の審査会合を開き、地震や津波など自然災害対策に関する議論を終えた。一部の確認を残す設計基準の審査も17日に予定しており、ここでリサイクル燃料貯蔵(RFS)の安全対策が妥当と判断さ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら