【揺れる水産都市・第5部「新しいハマへ」】(上)諦めない

今季の定置網漁に向けて、漁網の修繕を行う石井駿吾さん。八戸から「新しい漁師のあり方」を模索する=3月下旬、八戸市
今季の定置網漁に向けて、漁網の修繕を行う石井駿吾さん。八戸から「新しい漁師のあり方」を模索する=3月下旬、八戸市
3月下旬、春めいた風が吹き始めた八戸市の大久喜漁港。岸壁では、南浜漁協所属の定置網漁船「清和丸」の乗組員たちが、約1年間使用して消耗した漁網のほつれなどを修繕していた。船員の石井駿吾さん(30)もその一人。「定置網は意外とおか仕事の方が多い.....
お気に入り登録