【八戸三社大祭】弁当提供続け40年 山車組支える夫妻

六日町附祭若者連の歴代の山車の写真を見ながら、思い出を語る中軽米文夫さん(右)と優子さん=24日、八戸市
六日町附祭若者連の歴代の山車の写真を見ながら、思い出を語る中軽米文夫さん(右)と優子さん=24日、八戸市
八戸市南類家1丁目のすし屋「鮨文(すしぶん)」は毎年、八戸三社大祭の期間中、大忙しとなる。店主の中軽米文夫さん(68)、優子さん(68)夫妻が二人三脚で、六日町附祭若者連の弁当を手作りしている。山車の運行前に子どもや大人たちの胃袋を満たし続.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録