【八戸三社大祭】エンジン使用「安全な運行目指す」 ルール化後初開催

31日に開幕する今年の八戸三社大祭は、山車運行でエンジン動力の「アシスト(補助)使用」がルール化されて初の開催となる。国土交通省と警察庁が昨年11月、全国の山車行事に関する新基準を示したことを受け、三社大祭も独自の安全措置を講じた上で適用。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録