震災教訓、次世代に伝承 宮城の若者団体、紙芝居で

 母校で出前授業をする紀野国七海さん(右から3人目)=2022年12月、宮城県七ケ浜町
 母校で出前授業をする紀野国七海さん(右から3人目)=2022年12月、宮城県七ケ浜町
東日本大震災で被災した宮城県七ケ浜町の若者らでつくる「きずなFプロジェクト」が、紙芝居などで震災の教訓や体験を語り継いでいる。伝える相手は震災を知らない子どもたち。リーダーで大学2年の紀野国七海さん(20)は「子どもたちが震災を自分事として.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録