原子力基本法に「脱炭素」 政府、60年超運転へ改正案

「原則40年、最長60年」としてきた原発の運転期間の延長を可能にする法改正案の概要が24日、分かった。原子力利用の原則を定めた原子力基本法に、エネルギーの安定供給や脱炭素に向けた「グリーントランスフォーメーション(GX)」への貢献を明記し、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録