「カーボンマイナス」構想始動 トマト工場軸、むつで24年から スマート農業拠点化へ

北海道上ノ国町にある農業法人「寅福」の大規模植物工場(同社提供)
北海道上ノ国町にある農業法人「寅福」の大規模植物工場(同社提供)
むつ市内で2024年4月に稼働予定の大規模植物工場で、木質バイオマスボイラーから排出する二酸化炭素を、植物の光合成などで発生量以上を吸収する「カーボンマイナス」の構想が動き出した。工場事業者と市などが連携。施設園芸の先進地であるオランダの都.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録