比の日系人集落に明かり 戦後残留「見捨てず支援」

 22日、フィリピン・パラワン島北部の未電化集落シグピットで、太陽光を用いた電灯の使い方を学ぶ日系3世チャーリー・ハラダさん(左手前)と妻シャーリーさん(左から2人目)(共同)
 22日、フィリピン・パラワン島北部の未電化集落シグピットで、太陽光を用いた電灯の使い方を学ぶ日系3世チャーリー・ハラダさん(左手前)と妻シャーリーさん(左から2人目)(共同)
【タイタイ共同】フィリピン西部パラワン島の日系人会は22日、同島北部タイタイの未電化集落シグピットに太平洋戦争後に残され、経済苦を耐えた日系人を支援するため、太陽光を用いた電灯を持ち込んで各戸に配布、街灯も設置した。住民の約2割を占め、ハラ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録