三戸南部氏の呼称「堀内」か 聖寿寺館跡(南部町)発掘の硯に文字

「堀内」と刻まれた硯=18日、南部町
「堀内」と刻まれた硯=18日、南部町
北東北最大の戦国大名である三戸南部氏の本拠地・国史跡聖寿寺館跡(南部町)で発掘された硯(すずり)に刻まれた文字「堀内」が、三戸南部氏当主やその居城の呼称である可能性が高いことが18日、町教委などの調査で明らかになった。同史跡から発見された初.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録