最先端施設で二刀流進化 大谷、球速向上に打撃安定

 外野フェンスに向けてカラフルなボールを投げるエンゼルス・大谷。右腕には「パルス」と呼ばれる黒いバンドを装着している=2022年8月、デトロイト(共同)
 外野フェンスに向けてカラフルなボールを投げるエンゼルス・大谷。右腕には「パルス」と呼ばれる黒いバンドを装着している=2022年8月、デトロイト(共同)
【ロサンゼルス共同】米大リーグでエンゼルスの大谷翔平らが通う最先端のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」がシアトルやフェニックスにある。映像や小型機器を活用した動作解析に定評があり、大谷はここで確立されたメソッドで、投打「二刀流.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録