後発地震の発生確率高まる 南海トラフ、東北大など研究チーム

 南海トラフ巨大地震の想定震源域
 南海トラフ巨大地震の想定震源域
東北大と東京大、京都大の研究チームは10日、南海トラフ沿いで巨大地震の発生後、1週間以内に同規模の後発地震が起きる確率は2・1~77%と、平時の99~3600倍に高まると英科学誌に発表した。世界の他地域と比較して、巨大地震が連続で発生する確.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録