【ブレイズ―安養】終盤の判断ミス響き惜敗 強敵に手応え、収穫も

ブレイズがアウェー戦で大差での連敗を喫した首位・安養。ホーム初戦では粘り強く食い下がったが、終盤の判断ミスからの失点が響き、惜敗した。京谷充洋副主将は「最後は両チームの足が止まっていた。丁寧なプレーをして、ミスをしなかった相手が上だった」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録