「危害経験」国会議員75人 4割弱不安、活動制限も 野党と女性多く、対策困難

 政治活動時の危害に関する国会議員アンケート
 政治活動時の危害に関する国会議員アンケート
安倍晋三元首相銃撃事件を受け、街頭演説など不特定多数の前での政治活動について、共同通信が全国会議員709人(4人欠員)に7日までに実施したアンケートで、回答者の14%に当たる75人が「活動時に身体的危害を加えられた経験がある」と答えた。39.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録