【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第4部 円熟(6-2)「真紀子騒動」で泥かぶる

衆院予算委に出席した田中真紀子外相(右)と野上義二事務次官=2002年1月
 ―靖国参拝や米テロの時は印象に残っていることがありますか。 国対委員長としては、靖国参拝についてあれこれ申す立場ではないと思っていました。それは首相の信念の問題でしょうから。ただ、中国などの反応を心配していました。後には案の定、反日デモな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録