Free朝のニュースダイジェスト(1月8日)

【「夢と希望を」 ブルーインパルス隊長の名久井さん】
 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行隊長を務める名久井朋之2等空佐(41)=八戸市出身=が7日、本紙などの取材に応じ、「これからも多くの方に夢や元気を与えられるような演技をしたい」と意気込みを語った。

 【青森で1511人がコロナ感染】
 青森県は7日、1511人の新型コロナウイルス感染を確認し、2人が死亡したと発表した。千人を超えるのは3日連続。

 【岩手では1558人】
 岩手県は7日、新たに1558人の新型コロナウイルス感染を確認し、5人が死亡したと発表した。県北地方では、久慈保健所管内で71人、二戸管内で26人の感染が判明。

 【災害廃棄物処理計画策定、12市町のみ】
 大雨や大地震などで大量発生する災害廃棄物。被災から早期の復旧・復興を図るためには迅速な撤去と処理が欠かせない。国は自治体に収集方法などを定めた災害廃棄物処理計画の策定を求めているものの、青森県内で策定済みは2022年3月末時点で12市町にとどまる。

 【「アクションがない以上、申し上げることはない」 自民県連】
 青森県知事選への出馬を表明したむつ市長の宮下宗一郎氏を巡り、自民党青森県連の津島淳会長は7日、「自民党に対するアクションが何もない以上、申し上げることはない」と述べ、今後、推薦願が出された場合の対応については「仮定の話はできない」と明言しなかったが、あくまで県連として、独自候補の擁立を進める考えを強調した。

お気に入り登録