思い出胸に新たな一歩 馬門小で閉校式/野辺地

学びやの歴史に思いをはせる馬門小の児童
学びやの歴史に思いをはせる馬門小の児童
野辺地町立馬門小(小原操校長)で12日、閉校記念式典が開かれた。出席した在校生20人や卒業生らが、学びやとの別れを惜しみながらも、思い出を胸に新たな一歩を踏み出すことを誓った。 同校は1893(明治26)年創立で、129年の長い歴史を持つ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録