母校の歴史、胸に刻んで 洞内小で閉校式/十和田

洞内南部駒踊を披露する児童
洞内南部駒踊を披露する児童
本年度末で閉校する十和田市立洞内小(石郷岡誠校長)で12日、閉校式が開かれた。在校生25人と教職員、地域住民ら合わせて約80人が出席。144年にわたり地域と共に歩んできた学校の歴史や伝統を振り返り、別れを惜しんだ。閉校後は松陽小と統合し、大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録