技術向上へ決意新た 八戸看護専門学校で「聖華式」

2年生44人が、看護技術の習得に向けて決意を新たにした聖華式
2年生44人が、看護技術の習得に向けて決意を新たにした聖華式
八戸看護専門学校(及川隆司学校長)は4日、従来の載帽式に当たる「聖華式」を同校多目的ホールで開いた。専門的な実習に臨む2年生44人が、実践的な看護技術の習得に向けて決意を新たにした。 及川学校長が「一歩一歩確実に、看護の道の体得を目指して歩.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録