稚ナマコ、階上から今季初出荷/県栽培漁業振興協会

今季初めての稚ナマコの出荷作業=10日、階上町
今季初めての稚ナマコの出荷作業=10日、階上町
青森県栽培漁業振興協会(松下誠四郎代表理事)は10日、階上町の同協会本所で育てた稚ナマコ3万3600個を、津軽地方の4機関に今季初めて出荷した。2022年度は既に八戸市南浜漁協など県内14機関に計19万4600個を提供することが決まっている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録