旧統一教会「狙い撃ち」異論出ず 着手の先に厳格判断/宗教法人調査基準

 旧統一教会に対する調査のイメージ
 旧統一教会に対する調査のイメージ
宗教法人への質問権行使に向けた基準がまとまった。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を「狙い撃ちしたような内容」(政府関係者)で、文化庁専門家会議では宗教界の異論もほぼなかった。岸田文雄首相が公言した年内の調査着手へ一歩を踏み出し、質問作りも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録