救済新法、今国会の提出視野 高額寄付や宗教2世対策

 自公党首会談を終え、記者団の取材に応じる公明党の山口代表(左)と岸田首相=8日午後、首相官邸
 自公党首会談を終え、記者団の取材に応じる公明党の山口代表(左)と岸田首相=8日午後、首相官邸
岸田文雄首相(自民党総裁)は8日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済に向けた新法に関し、今国会提出を視野に最大限努力すると表明した。教団への高額寄付や信者の親の元で苦しむ「宗教2世」への支援を念頭に、悪質な寄付勧誘の禁止.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録