【ワッツ―西宮】持ち味の守備、課題浮き彫り

青森は相手の高さのあるインサイド攻撃、精度の高いアウトサイド攻撃に苦しみ、今節の連勝はならなかった。下山大地主将は「前日は良い形で展開できたゾーンディフェンスを攻略された。相手の誰に注視すべきかチーム全員で考えて守るべきだった」と敗戦の弁を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録