【コロナワクチン】新旧混在、現場の負担増に懸念/青森県内

青森県内でも接種が始まったオミクロン株対応の2価ワクチン。従来型ワクチンも取り扱う医療現場では取り違え防止に腐心する
青森県内でも接種が始まったオミクロン株対応の2価ワクチン。従来型ワクチンも取り扱う医療現場では取り違え防止に腐心する
新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新たなワクチン接種が青森県内でも始まり、9月末にも本格化する。新ワクチンは、希釈の必要がないなど従来型ワクチンとは取り扱い方法が異なる。ただ、医療機関では新たに12歳になる人や未接種者のために従来型.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録