物価高助長に最終手段発動/24年ぶり円買い介入

 各国の政策金利の推移
 各国の政策金利の推移
政府、日銀が24年ぶりとなる円買いドル売りの為替介入に打って出た。日銀が大規模金融緩和の修正に動けない中、物価高を助長する円安への不満の高まりに「最終手段」の発動を迫られた形だ。ただ日米の金利差拡大による円安圧力が続く中で、介入は効果が限ら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録