コロナ前の9割程度まで回復 八戸市内5~7月宿泊者数

八戸市は22日、新型コロナウイルスによる市内の観光、宿泊への影響調査結果を公表した。5~7月の主要22宿泊施設の延べ宿泊者数は、コロナ禍前である2019年実績の9割程度に回復。ビジネス客を中心に需要の持ち直しが見られた。青森県の宿泊割引「お.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録