【新型コロナ】軽症、中等症から死亡増加 ワクチン普及で病態変化

 国立国際医療研究センター病院にコロナ患者を搬送する医療関係者=2月、東京都新宿区
 国立国際医療研究センター病院にコロナ患者を搬送する医療関係者=2月、東京都新宿区
依然として連日100人を超える高い水準の死者数が報告されている新型コロナウイルスの流行「第7波」。死者の特徴を調べると、肺炎の重症化で死亡するケースが減る一方、軽症や中等症の高齢者が、持病の悪化や衰弱で死亡するケースが増えている。ワクチン接.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録