【秋季高校野球青森】青森山田、持ち前の堅守光る

【青森山田-弘前】7回青森山田2死二塁、三浦遼大が中前適時打を放ち、3-1とする=はるか夢
【青森山田-弘前】7回青森山田2死二塁、三浦遼大が中前適時打を放ち、3-1とする=はるか夢
青森山田が持ち前の堅守とバントを駆使した攻撃でロースコアの接戦を制した。兜森崇朗監督は「手堅くいき過ぎた部分はあるが、要所では適時打も出た」と試合内容に及第点を与えた。 走者が出れば、送りバントで得点圏に進める攻撃を徹底。9安打のうち単打は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録