核燃新税「最強カード」 むつ市長「課税時期不明」報道を批判

核燃新税の導入の意義を強調する宮下宗一郎市長(中央)=16日、むつ市議会
核燃新税の導入の意義を強調する宮下宗一郎市長(中央)=16日、むつ市議会
リサイクル燃料貯蔵(RFS、むつ市)の中間貯蔵施設に搬入される使用済み核燃料に対して市が独自に課税する「核燃新税」について、宮下宗一郎市長は16日、「10年、20年後に力を発揮する税制」と強調。施設への燃料搬入時期が不透明で、課税開始時期が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録