青森、岩手に「カメムシ注意報」 活動活発、農作物に被害

 カメムシ注意報が出た都道府県
 カメムシ注意報が出た都道府県
秋の収穫期を迎えている国内で、イネの養分や果汁を吸うなど農作物に被害を及ぼすカメムシが近年大量発生している。今年も8月末までの農林水産省の集計で、延べ35都道府県が農家向けの「カメムシ注意報」を出した。専門家は地球温暖化が背景にあるとして、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録