【エリザベス女王死去】英旧植民地、揺らぐ結束 君主制離脱の議論「再燃」

 英国君主が国家元首の国
 英国君主が国家元首の国
エリザベス英女王は70年の治世で、旧植民地などでつくる英連邦諸国との絆の深化に尽くしてきた。英連邦関連の外遊先は延べ約170カ国・地域に上る。強烈な存在感で英国の威信を保った女王が死去し、英君主を国家元首とする一部の国では立憲君主制からの離.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録