新たな催しで街に活気 八戸三社大祭が閉幕

今年の八戸三社大祭のトリを飾るお囃子が披露された八戸市中心街のマチニワ。多くの市民らが足を止めて見入っていた=4日午後8時半ごろ
今年の八戸三社大祭のトリを飾るお囃子が披露された八戸市中心街のマチニワ。多くの市民らが足を止めて見入っていた=4日午後8時半ごろ
約300年の伝統を誇る八戸三社大祭は4日、幕を閉じた。新型コロナウイルスの影響で3年連続で規模縮小となったが、全27山車組が共同制作した移動型山車が中心街を練り歩くなど新たな催しで街は活気にあふれた。来年以降、神社行列と山車の合同運行の復活.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録